ホーム > Samba

Samba

サーバ構築(CentOS)

インストール

 # yum -y install samba samba-common

起動

[root@esds tosiaki]# systemctl start smb nmb
[root@esds tosiaki]# systemctl status smb nmb
● smb.service - Samba SMB Daemon

  Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/smb.service; disabled; vendor preset:                                       disabled)
  Active: active (running) since 木 2019-01-31 19:09:48 JST; 7s ago
    Docs: man:smbd(8)
          man:samba(7)
          man:smb.conf(5)
Main PID: 4260 (smbd)
  Status: "smbd: ready to serve connections..."
   Tasks: 4
  CGroup: /system.slice/smb.service
          tq4260 /usr/sbin/smbd --foreground --no-process-group
          tq4265 /usr/sbin/smbd --foreground --no-process-group
          tq4266 /usr/sbin/smbd --foreground --no-process-group
          mq4270 /usr/sbin/smbd --foreground --no-process-group
1月 31 19:09:46 esds systemd[1]: Starting Samba SMB Daemon...
1月 31 19:09:48 esds smbd[4260]: [2019/01/31 19:09:48.468521,  0] ../lib/...y)
1月 31 19:09:48 esds systemd[1]: Started Samba SMB Daemon.
1月 31 19:09:48 esds smbd[4260]:   daemon_ready: STATUS=daemon 'smbd' fin...ns

● nmb.service - Samba NMB Daemon

  Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/nmb.service; disabled; vendor preset:                                       disabled)
  Active: active (running) since 木 2019-01-31 19:09:48 JST; 7s ago
    Docs: man:nmbd(8)
          man:samba(7)
          man:smb.conf(5)
Main PID: 4262 (nmbd)
  Status: "nmbd: ready to serve connections..."
   Tasks: 1
  CGroup: /system.slice/nmb.service
          mq4262 /usr/sbin/nmbd --foreground --no-process-group
1月 31 19:09:46 esds systemd[1]: Starting Samba NMB Daemon...
1月 31 19:09:48 esds nmbd[4262]: [2019/01/31 19:09:48.186974,  0] ../lib/...y)
1月 31 19:09:48 esds systemd[1]: Started Samba NMB Daemon.
1月 31 19:09:48 esds nmbd[4262]:   daemon_ready: STATUS=daemon 'nmbd' fin...ns

Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.
[root@esds tosiaki]#

5.sambaの基本的な設定
項目4.の手順までで、sambaパッケージの導入とfirewallの設定までが完了しました。sambaの場合、設定を行わないと接続ができませんので、本記事では運用するにあたって最低限、必要になる設定を行います。設定の前提は以下の通りです。

Active Directoryは利用せず、WORKGROUPで動作させる(ワークグループ名:WORKGROUP)
各ユーザー毎のホームディレクトリ[homes]と、全てのユーザーがアクセスできる[share]共有フォルダを設定
プリンタサーバー機能は利用しない
ファイルサーバー名は”fs”
パスワード形式はtdbsamとし、サーバーに情報を保存(Sambaが管理する認証情報でユーザ単位に認証)
sambaサーバー上に作成したユーザーのみ共有フォルダへアクセスできる。(ゲスト接続NG)
この条件に合わせて設定を行っていきます。

# cd /etc/samba

# ls
lmhosts smb.conf smb.conf.example

# cp -p smb.conf smb.conf.org

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP