ホーム > Ruby独自機能

Ruby独自機能

比べて見れるスクリプト・リファレンス

ブロック付きメソッド呼び出し

n回の繰り返しを行なう処理

n.times {|i|
    . . . .
}

イテレータを利用してブロック内の処理を繰り返すことができる。
i はブロックパラメータと呼び、イテレータのループ変数が代入される。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP